新着情報

2024.02.17

埼玉東部消防組合との合同訓練

弊社が所属する埼玉県解体業協会と「災害時における消防活動の協力に関する協定」を締結している埼玉東部消防組合消防局の備蓄倉庫解体工事期間中の建物にて合同訓練を実施致しました。

弊社が所有している電動工具などをレスキュー隊員の方に使って頂き、解体・破壊に特化した工具を体験して頂きました。

また、鉄骨構造においての破壊方法等もレクチャーし、安全かつ正確に救助導線の確保する訓練を実施しました。

 

 

2023.06.16

(株)友伸工業 新事業スタート

2022年10月に久喜市と締結した「包括連携協定」において、2050年までにゼロカーボンシティを目指す久喜市に、弊社が新事業としてスタートする二酸化炭素吸収材を用いた装置を梅田市長へ寄贈させて頂き、二酸化炭素を吸収する実験を行いました。

各メディアより動画や新聞記事が掲載されてますので、ぜひ下記リンクよりYouTube動画をご覧ください。

(ケーブルテレビ久喜)

https://youtu.be/SYO0Je6l9bU

(久喜市公式動画チャンネル)

https://youtu.be/t5hl2pu4Ulw

 

 

 

2022.10.03

久喜市との包括連携協定を締結しました

弊社は、包括的な連携と協力により、地域の課題に迅速かつ適切に対応し、活力ある資源循環型社会の形成と発展を目的として、埼玉県久喜市と包括連携協定を締結しました。

【連携項目】

・環境保全に関すること

・災害対策に関すること

・地域・暮らしの安全に関すること

・まちづくりに関すること

・産業振興に関すること

・その他、地域活性化及び市民サービスの向上に関すること

 

今後も地元久喜市の発展に協力をしてまいります。

2022.03.26

ロードサポート(道路清掃ボランティア活動)

埼玉県と地元久喜市と締結しているボランティア活動を行いました。

約800mのゴミ拾いで袋4つ集まりました。

いつか人が捨てているゴミが無くなってくれればと思います。

 

2021.05.25

「一般建築物石綿含有建材調査者」が在籍しています。

令和3年4月より大気汚染防止法の一部が改正され施行されました。

その中で、工事対象建物などに石綿を含む建材があるかの事前調査をする方法が法定化されます。(令和5年10月から)

改修・解体工事にて周辺住民や作業者の健康を守るため、工事着手前の的確な石綿含有の調査・分析を行わなくてはなりません。

友伸工業には現在3名の調査者が在籍しており、お客様へ的確にご説明できる体制を整えております。

 

環境省発行リーフレット PowerPoint プレゼンテーション (env.go.jp)

 

 

< 12 >